サクソフォーンとオカリナの奏者として活躍する

小峰松太郎さんの門下生による

「今のわたし!コンサート」が

今月11日(土)にステラホールで行われました。

 

小峰松太郎さんの門下生による

オカリナとサックスの発表会「今のわたし!コンサート」。

小諸市では2017年以来、2回目の開催となります。

 

小峰松太郎さんは現在、

玉川大学芸術学部サクソフォーン講師で

楽団でも演奏活動を行っています。

またオカリナ奏者として伍代夏子さん・坂本冬美さんらと

共演・テレビ出演経験もあります。

 

2006年から10年間佐久市に住んでいたことから

現在も佐久・小諸で演奏を指導。

この日のコンサートには

小峰さんの門下生である

11団体、およそ50人が出演し、

日々の練習の成果を披露して会場を魅了していました。

 

またこの日は、

小峰さんとピアニストの田中洋太さんによる

演奏も行われました。

 

およそ100人が訪れた今回のコンサート。

小峰さんは、今後も

オカリナを通して音楽のすばらしさ伝えていきたいと

意気込んでいます。

 

小峰松太郎さん

「ようやく出来たっていう感無量の気持ちもありますし

やっぱり忙しい中で生徒さんが

本当にフルでやってくれたというのがなによりも嬉しいですね。

高原美術館で今までやったことがあるので

また小諸市の中でもコンサートしたいと思っています。

小諸市が今ミニコンサートをされていますよね、

来年の三月に僕も出演させていただく予定になっていますので

またぜひその時はこちらに足を運んでいただけたらなと思っています。

小諸の皆さん、音楽って形がないものじゃないですか、

でもねそうゆうものを大切にできる気持ちが

とても必要だと思うのですよ。

もう一つどんなにデジタル化が進んでも

音楽を奏でで感動するっていうやりとりというのは

やっぱり人間のものだと思うんですね、

ですからそういうものを大切にして、

日々に彩りを加えながら元気に生きていきたいなとお互いに。

ぜひオカリナやってみませんか。ありがとうございます。」