夏の健速神輿で知られる健速神社で、

1年間の無病息災や家内安全などを願う伝統の祭り、

初祇園が9日(土)に行われました。

 

健速神社の初祇園は、500年ほど前から

毎年1月9日に行われている伝統行事です。

初祇園の神事では、神主が祝詞を奏上し、

氏子総代や祭事委員らが玉串を捧げて

ことし一年の無事を祈願しました。

例年は地域の人たちが訪れ、神前に手を合わせますが、

ことしは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、

役員のみが出席。

また、例年境内で販売されている、

五穀豊穣や無病息災などを願う「稲の花」も、

感染症拡大の影響を受け販売取りやめとなりました。

役員らは、一年の無事や豊作、

感染症の収束などを願い

静かに祈りを捧げていました。