5日(日)、南城球場では、

小諸を拠点とする社会人野球チーム、

千曲川硬式野球クラブのプロアマ交流戦が行われました。

この日の対戦相手は、

プロ野球独立リーグ、BCリーグに所属する

福井ミラクルエレファンツです。

コーチが元TDK千曲川の選手だという縁から、

千曲川硬式野球クラブとは毎年交流戦を行っています。

始球式では、栁田市長がピッチャーを、

柳沢教育長がバッターを務め、会場を盛り上げました。

去年は福井で行われたという、ミラクルエレファンツとの交流戦。

この日は地元にもアピールしたいと、

初めて小諸で試合を行い、

地元チームを応援しようと、多くの人が球場に駆けつけました。

試合では、1回表に福井ミラクルエレファンツが4得点。

その裏には千曲川硬式野球クラブが2点を返し、2点差に。

さらに3回表には、福井が追加点をあげ、ここまでで8得点。

千曲川硬式野球クラブは6点を追う展開となりました。

そして3回の裏、1アウト満塁のチャンスに。

千曲川硬式野球クラブは、タイムリーヒットをあげ3得点。

3点差に縮め、会場は大いに沸き立ちます。

3点ビハインドのまま試合は7回に。

7回表では、福井ミラクルエレファンツに2点を許しますが、

迎えた7回裏。

ピッチャーのワイルドピッチで3点を返して2点差に縮めます。

さらに打線をつなぎ、この回一挙に5点を返して

10対10と同点に追いつきます。

両チームの点取り合戦となったこの日の試合。

結局9回表に3得点を許し、13対10。

千曲川硬式野球クラブは、

福井ミラクルエレファンツにあと一歩のところで敗れました。