現在小諸市では、市民協働のまちづくりを進めるため、

市の目指すべきまちの将来像を描き、

その実現のための方策をまとめる「基本構想」の策定に向けて、

各地で「まちのお宝さがし」を進めています。

今月16日には市内各地で「地域のお宝」を探すための まち歩きが行われました。

16日には、荒町区でもお宝さがしが行われ、

区内にある「光岳寺」には、朝から多くの区民が集まりました。

身近なところにある街の魅力を再発見しようと、

この日は、地域に詳しい観光ガイドの協力のもと、

まずは、「光岳寺」や小諸市の歴史について学びました。

お寺について学んだあとは、区内へと繰り出しました。

地域の企業についても知ろうということで、

この日はコミュニティテレビの本社スタジオも見学。

様々な機材が並んでいるスタジオセットを見ることで、

地元のテレビ局についても知る機会になったようでした。

その後も観光ガイドの案内のもと、 一行は商家や史跡など、

ひとつひとつの建物について説明を受けながら 歩いていきました。

まち歩きを通して、参加した人たちは これまで知らなかった地域の一面に触れ、

自分たちが住む土地について 改めて理解を深めているようでした。